MENU

*

天使と鴉のプレセピオ -人狼×討伐のメソッドI

   

天使と鴉のプレセピオ ?人狼×討伐のメソッドI?<天使と鴉のプレセピオ> (MF文庫J)

《あらすじ》
人狼”、彼らは一年間に一人、人間を喰らわなくては、その命を保てない。カナガワ3区の新人討伐官・連野壮真は、人に化けて人を喰らう人狼を討伐するため、自らを天使と名乗る同僚の討伐官・篠崎樫乃と任務に励んでいる。共に両親を人狼の手によって失った二人。だが、二人は初めての囮捜査で偶然にも、樫乃の両親の仇である、遺体にV字の傷跡を残す・侵才の人狼“VOLF”の犯行の痕跡を発見する。しかし、樫乃が人狼の正体を見破ることができる“暴きの目”を発現させてしまったことで、二人の運命は大きく変わってゆくこととなり―!?第12回MF文庫J新人賞受賞、鮮烈の小説デビュー作。これは―決して暴いてはならない真実の物語。

人間社会に潜む“人狼”を討伐する捜査官と、ある一人の人狼が繰り広げる壮絶な戦いによって明らかになる真実を描いた物語。
人に化けた人狼の外見的特徴からも限りなく人間社会に溶け込んでいるなかで、人間にとっての脅威でしかない人狼の被害を防ぐための組織だった集団の戦いは、各々のもてる知能を振り絞った策略の応酬で読み応えがありました。
物語の冒頭に登場する一人の討伐官が見せる人狼討伐の流れからも、いかに人狼が自らの存在を悟られないように社会に潜んでいるかがうかがえる。なおかつ、討伐官と人狼が交わす自然な会話の流れから、“こいつは人狼である”と導き出せるまでの伏線を自然と織り交ぜていることから、この作品の全体的な雰囲気が固まって一気に読むのが楽しくなりました。
今年のMF文庫新人賞作品の数々を目を通してきたけれど、大賞作品とも甲乙つけがたいくらい手に汗握る面白さでした。