MENU

*

「弱キャラ友崎くん Lv.1」感想

   

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。だって、人生には美しくシンプルなルールがない。あるのは理不尽と不平等だけ。自由度が高いなんてのは強者の言い分で、弱者には圧倒的に不利な仕様でしかない。だから、クソゲー。あまたのゲームに触れ、それらを極めてきた日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。
――だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、「人生は神ゲー」と言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。しかも、「この人生(ゲーム)のルールを教えてあげる」だって?
……普通は、そんなの信じない。だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ!
第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

先日行ったラノベオフにてオススメして頂いたもう一つの作品がこちらになります。発売日にフライさんイラストということで買おうとしていたのだけど、色々あって逃していたという。この機会に読むぜー超読むぜー!

ひっさしぶりに読むガガガ文庫新人賞作品。いやーフライさんのイラストはこの手の「青春劇」に良く似合うなあ。思わず表紙を見返しちゃう。そして口絵で描かれている女の子みんな可愛いもん。

さて内容について。
まずは「面白かった!」と言わせてください。捻くれてるけど根は真っ直ぐな努力家でゲーマーの主人公・友崎を軸に、彼にだけ本性を見せる学園の人気者のヒロインとの交流が友崎の学園生活を180度変えていくザ・青春がここにある。ある意味では嫌なキャラクターがいないので、心地良く読めたのが何より大きい。つーか、友崎の性格とクラスでの扱いが最初と最後でだいぶ違っていて、それを見るだけでもひとつの物語を読んできた甲斐があったと言っても過言ではない。

ただ女の子のキャラクターが多いこともあり、出てきた全員を有効に動かせていなかったのが気になりはした。まあどうやらシリーズ展開する第1巻の扱いでもあるみたいなので、続きに期待しましょう。これって2巻はLv2になるのかなと思ったらその通りだった。