MENU

*

物理的に孤立している俺の高校生活

   

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
この俺、波久礼業平には悲しいけどマジで友達がいない。周囲の人間の体力を奪う異能力のせいだ。クラスでも物理的に孤立してて、まさにスクールカースト範囲外!いや、理不尽すぎるだろこの立ち位置!そんな俺の前に現れたのが、高スペックなくせに毒舌のせいで友達ができない、通称「氷の姫」高鷲えんじゅ。こいつが友達を作る『同盟』をもちかけてきたんだけど、ぼっちが集まっても建設的な意見なんて出せないよね―とか言って諦められるか!残念系異能力者たちが全力で友達づくりだけに奮闘する青春未満ラブコメ、スタート!

異能力×学園。利用価値も需要もない異能も含め、キャラクターの数だけ多種多様な異能が登場するだけに、異能力者ごとに自分の能力に様々な悩みを抱えていて、これまでにない切り口で学校内での日常が展開されていて新鮮。まず、主人公である波久礼業平の抱える『半径1メートル内にいる人間の体力を奪う異能』から、クラス内で唯一机同士の間隔をあけられて物理的に孤立させられるシチュエーション。こんな、イジメられているわけでもないのに完全にボッチ扱いされる主人公なんて今までに見たことがないです。
ボッチキャラに波久礼なんて名前をチョイスするあたりに悪意を感じるけれど、半径1メートル内に近寄りたくないがために教室での配布プリントをラケットに乗せて、間接的に渡す光景をイラストにされたおかげで、波久礼くんのクラス内でのポジションが強烈なインパクトとともに伝わってきた。

友達を作る同盟をもちかけられ、高鷲えんじゅや菖蒲池愛河と接することになってからは、歴代ボッチ系ラノベキャラ特有のひねくれた感性、うがった見方、毒舌、自虐ネタを絡めた掛け合いのオンパレードで、キャラクターどうしの掛け合いもコミカルでかなり面白かった。むしろ本気で波久礼&高鷲のコンビのボッチのこじらせが病的過ぎて不憫に感じるレベル。

この作品ではじめてMika Pikazoさんがイラストを担当するライトノベルを読んだのだけれど、表紙を飾る高鷲えんじゅを含めてどのキャラもすっごい可愛いので挿絵のあるページをめくるのが楽しみでしょうがないです。作品中での言動や性格とイラストを込みすると、えんじゅが一番可愛かったです。

バトル要素を排除した異能力学園ものとしては、さらなるメンバーが同盟に加わることで異能力のレパートリーも増え、カオスな日常が繰り広げられてよりいっそう面白くなることが期待できる作品だと思うので、是非とも新刊の発売までこぎつけてほしいです。