MENU

*

いでおろーぐ!6

   

いでおろーぐ!6 (電撃文庫)

《あらすじ》
リア充爆発しろ! これは、非リア充の飽くなき闘争の記録である――。
「遊園地──それは恋愛至上主義の、ひとつの結晶とでもいうべき最悪の施設なのだ!」
領家の呼びかけによりGWの遊園地に乗り込んだ反恋愛主義青年同盟部の面々。完全アウェイの状況の中で調査行動を開始するが……?
「この列車のアトラクションは絶対に怪しいよ」(神明さん)
「子供向け遊具というのは隠れ蓑かも知れません」(瀬ヶ崎)
「薄暗い室内でおさわり……」(西堀)
「スピードが速い施設に何か隠されているのでは」(天沼)
「ティ、ティーカップなんかいいんじゃないかな……」(領家)
……果たして彼らは自らの道を貫き通すことができるのか!?
さらに女児の策略により高砂は10年後の未来へ、そして何故か異世界に転生!? 話題の反恋愛活動記録、第6弾登場!

短編集でしか掲載が不可能な本編への影響を無視した超展開が満載。反恋愛主義を貫き通したときの高砂と領家のifストーリー、恋愛主義にどっぷり使って両想いのまま結ばれた高砂と領家の将来を描いたifストーリー。高校生活で迎えた人生のターニングポイントをどのように迎えるかでその後の二人の人生が両極端過ぎるほどの運命をたどっていて、凄惨な光景と胸やけがするほどにラブラブな姿が一度に押し寄せてきて表現しがたい感覚に陥る。高砂と領家の反恋愛主義青年同盟部公認バカップルの煮詰まらない関係を見ていただけに、ifストーリーで本格寝取られ非処女ヒロインと化した領家が爆誕したときはトラウマを植え付けられそうになりました。

ブコメ作品でありながら肝心の主人公とメインヒロインが「リア充爆発しろ!!」だの「反恋愛主義!!」をよりどころに活動しているというややこしさが数多くのラブコメ作品のなかでも独特のエッセンスを含んでいるため、既存のラブコメ作品の型にはまらない面白さがあります。デビュー作から勢い衰えることなう人気を博しているのも納得のいく完成度の高いラブコメ作品です。