MENU

*

平成28年度「朝の読書」で読まれた本は中学生で『ソードアート・オンライン』が1位に 高校生では読まれた本に大きな変化も

   

株式会社トーハンは、小中高を対象とした「朝の読書」で読まれた作品のランキング(平成28年度版)を発表している。実施校は2017年5月1日時点で27,434校(小学校16,640校、中学校8,565校、高校2,229校)で、約970万人の児童・生徒の取り組みとなっており、調査期間は平成28年4月から平成29年3月末までを対象に実施。中学生では『ソードアート・オンライン』が1位となったほか、高校生では昨年TVアニメの第2期放送を終えた『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』が15位となっている。前年度の「朝の読書」の人気本と比較をすると高校生は顕著に、ライトノベルを選択していないように見える点が大きな変化と言えそうだ。なお、特に読まれていたライトノベル作品は以下の通り。

 

 

 

 

【中学生】

1: ソードアート・オンライン

3: カゲロウデイズ

9: 掟上今日子シリーズ

13: デュラララ!!

 

【高校生】

15: GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

 

⇒ 平成28年度『朝の読書』の人気本調査結果発表

 

 

●中学生の『ソードアート・オンライン』、『カゲロウデイズ』人気は健在

 

一昨年から5位以内で人気もあった『ソードアート・オンライン』が1位となった。要因としては、2017年2月の劇場映画の公開や、ひとまずのシリーズ完結などだろうか。特に劇場版で多くの男子学生はもちろん、女子学生を目にして驚いたことは筆者の記憶にも新しい。同作は小説以外の話題も多く『カゲロウデイズ』シリーズと並び、朝の読書では多くの中学生に読まれている。『カゲロウデイズ』も昨年に約1年半ぶりとなる新刊が発売。一昨年から継続して上位に位置し続けており、いずれの作品も中学生からは大きな支持を集めていることがうかがえた。

 

 

●高校生では「朝の読書」で読まれた本が激変? <物語>シリーズも消える

 

28年度の調査結果で最も驚いたのは、高校生が選んだ「朝の読書」の図書から、ライトノベルが一気に減じた点である。これまで中学生も含め、高校生に読まれていた<物語>シリーズがランキング上位から消えただけでなく、中学生に最も読まれていた『ソードアート・オンライン』も上位圏外となるなど、ライトノベル作品は『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』くらいのものだった。昨年度、さらにその前年度には6、7作品がランキング上で確認できていただけに、選択図書として選べなくなってしまった可能性など、要因が気になるところである。この件については可能な範囲で少し調査を実施してみたい。

 

 

●ちなみに昨年4月から今年3月はライトノベル原作アニメの減少時期

 

直接的な関係の有無を断じるものではないのだが、28年度の調査時期はライトベルを原作としたアニメーションの数が減少していた時期と大きく被っている。もっとも、これまで「朝の読書」に選ばれていた作品と、アニメ化作品が大きく連動していたわけではないため、参考情報以外のなにものでもないことだけは述べておきたい。また、施策として実施されている「朝の読書」と趣味の読書を混同しないよう注意は必要だろう。

 

 

楽しく本を読むという点において、ライトノベルは大きな選択肢のひとつであることは間違いない。現在進行形でライトノベルは様々な作品が刊行されているので、気になった作品をぜひ手に取ってみてもらいたい。

 

 

©川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:abec

 

[関連サイト]

株式会社トーハン

 

 

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) カゲロウデイズ VII -from the darkness- (KCG文庫) カゲロウデイズ VII -from the darkness- (KCG文庫)