MENU

*

勇者に期待した僕がバカでした 3

   

勇者に期待した僕がバカでした 3 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
新たな勇者戦がはじまっていた。そこでエルブランコはとんでもないスキャンダルに巻き込まれる。それを発端にゴルディアス軍は解散に追い込まれることに。―スキャンダルの本当の意味。勇者協会と人間という闇が生んだ汚い手段。エルブランコは矮小な自分を見つめ直し、再び立ち上がる。それでゴルディアス軍が元に戻りはしないことを知りながら…。働くなんて辛いこと。それでも過ごした時間は確かに自分が歩いた道。だから、これまでを否定なんてしなくていい。あらゆる理不尽をはねのけろ!ファンタジー社畜コメディ完結編。

魔王を討伐する勇者の戦いと冒険を運用したビジネス体系が確立されたなかで、魔王軍に所属するエルブランコの仕事の日々を描いたファンタジー社畜コメディ。最終巻にしてエルブランコの勤務するゴルディアス軍の事実上の解散。そして、解散の決め手になったスキャンダルを悪意をもって作り上げて世論を意図する方向に導く悪逆な手口。
ゴルディアス軍をひとつの会社に置き換えたとき、その会社が巻き起こした不祥事をファンタジー風に変換した物語になっていて、謝罪会見の順当な乗り切り方から記者を筆頭に当事者に向けられる質問の嵐を上手く乗り切る技術。社畜コメディらしく仕事に関連した展開が多く、社会人主人公を土台にした作品のなかでもひときわ存在感を放つ作品でした。

魔王軍の解散を境に同僚たちとも散り散りになり、ウニベルやエルブランコが魔王軍を離れて別な職場に就職して働いている光景も連載されているわけですが、さすがに社会人主人公を軸にした物語なだけにどこまでいっても仕事につながるワードが多い。ウニベルの愛らしくもあり物おじせずにガンガン突き進む性格も、エルブランコの監督を離れて他所の職場でも容赦なく発揮されていて、ウニベルの職場での日々を描くだけでもコメディ風として成立する面白さでした。

3巻で最終巻を迎えるというのは寂しことではあるけれど、無事に最終巻まで走破することができたと考えればむしろ良かったのかと思います。次回作も楽しみにしたいと思います。

  関連記事

ラノベ作家「とある講義で『ラノベと名のつくものは絶対に書きたくない』という男の子に「じゃあどんなのが理想なの」と聞いたら『君の名は。』だと答えられた」

TVアニメ『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』は2017年4月より放送開始

小説家になろう:『ロリータ・ガンバレット ~魔弾幼女の異世界戦記~』 『剣人』

TVアニメ『メルヘン・メドヘン』は2018年1月より放送開始 WEBラジオの配信も2017年11月よりスタート決定

MFブックス:『治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 6』 『槍の勇者のやり直し 1』 などの表紙公開!

【電撃文庫】 2016年9月 表紙イラストとあらすじが公開 『キノの旅20巻』『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』『ネトゲ嫁12巻』『天使の3P!8巻』 ほか 【発売日】

ラノベ「インスタント・ビジョン」が東洋水産とコラボ 試し読みをしてツイートすると「カップ麺」がもらえるキャンペーンを実施

MFブックス12月刊行のラインナップをご紹介。『フェアリーテイル・クロニクル12』『無職転生13』など6冊

BOOK☆WALKERライトノベル期待の新作キャンペーンに『現実主義勇者の王国再建記』や『伊達エルフ政宗』など4作品

映画化するタイムリープ物のラノベ「二度めの夏、二度と会えない君」のキャストが判明 また公式サイトもオープン