MENU

*

『女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」』

   

笹木さくま 先生が贈る異世界勇者攻略譚。第2巻は城をも吹き飛ばす強力な魔法を放つ
聖女に立ち向かうため、“真一”は“リノ”をアイドルとして活動させる作戦に出ます。
(イラスト:遠坂あさぎ 先生)

http://ebten.jp/eb-store/p/9784047346796/


“クランクルム”枢機卿の秘蔵っ子、聖女“サンクティーヌ”。立ち居振る舞いは確かに
聖女そのものな彼女の闇にあたりをつけた“真一”だが、取り巻きが多くて“アリアン”
の時みたいなアプローチは仕掛けられない。そこで外郭を巻き込むのがアイドル活動です。

同世代の友達が少ない“リノ”の背景に、相変わらず“魔王”の親バカぶりが垣間見えて
微笑ましく、またアイドル活動を通じて人気を高めていく彼女が見せる心からの優しさが
ますます魅力を高めていく様子と、対称的な“サンクティーヌ”との描写が実に絶妙で。

容赦なく間違い続けた“サンクティーヌ”の言動に、慈悲なくゲスな対応で臨む“真一”。
彼女の末路がどうなるのか、が今巻の焦点であると共に“リノ”の物語でもあったかと
感じさせてくれる顛末でした。彼女の胸を突く動かす鼓動はどこへ向かうのか楽しみです。