MENU

*

小説家になろう:『俺、「城」を育てる ~可愛いあの子は無敵の要塞になりたいようです~』 書籍化決定!

   


俺、「城」を育てる ~可愛いあの子は無敵の要塞になりたいようです~  作者:tomia

D級冒険者の俺。魔の森で死にかけ、廃城に住む幼女に助けられた。彼女は「城」の精霊だという。ともに暮らし、城を大きくして欲しいと頼まれた俺はそれを了承する。

彼女に魔物の死骸をささげることでポイントが貯まり、城を立派にしたり、様々な施設を設置できるらしい。霊薬の原材料が取れる薬草園、鉱石が尽きない坑道、ドワーフですら驚愕する謎技術満載の工房ができたりする。

冒険者ギルドに薬草を納め、城製のアイテムで強い魔物を狩っていたら、とんとん拍子でギルドの評価も上がっていって。恩返しをしようと思ったんだが、俺ばかり得している気がする……。

※これは、そんな男と小さな少女のまったり生活。のちに住人も増える予定です


小説家になろう