MENU

*

何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その8

   

小説家になろう:何か時間を忘れて没頭できる作品ない?
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2387.html

小説家になろう:何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その2
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2481.html

小説家になろう:何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その3
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2716.html

小説家になろう:何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その4
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2882.html

何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その5
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3125.html

何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その6
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3435.html

何か時間を忘れて没頭できる作品ない?その7
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3705.html


1 名前:名無しのスコッパー :2017/03/04(土) 12:43:14 ID:-

王都アパートは短いけど自分も好きだったな

こちらダンジョン、住所は王都アパート103号室  作者:雪月 智也

 俺――岸川 夕は気が付けば地球から記憶のみをコピーされ、ダンジョン・マスターという種族になっていた。
「ダンジョンを作り、お馬鹿な冒険者をおびき寄せ血祭りに上げるのです!」サポートにつけられた天使のリーチェはそう言うが、俺には一般的なダンジョンを作る気はなかった。
 なぜならこの世界。とんでもなく不安定で、放っておくとあっという間に地獄が顕現する欠陥世界なのだ。ダンジョン・マスターも天使もそれを防ぐための管理要員でしかない。そのために俺は、この世界で前代未聞と称される事になるダンジョンを作る事に決めた。ダンジョンの心臓部たるダンジョン・コアの設置場所として俺が選んだのは、アルヴェン王国の王都にある、とあるアパートの一室だった。


小説家になろう