MENU

*

【日刊試読タイム】『カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~』(GA文庫)

   

地元の新潟でもヒアリ発見かと思いきや違うアリだそうです。

 

さて、今回はGA文庫が2017年7月15日に発売する『カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

 

 

 

 

【あらすじ】

「ようこそ勇者達よ」 カチコミの最中だった獣太たち閃極組の一行は、女神アステアによって異世界へと召喚されてしまう。「てめぇの仕業かぁぁぁぁ!」 元の世界へ帰せとキレる獣太だったが、ポンコツな女神さまは勇者召喚で力を使い果たしてしまっていた。「うぇーん、ごめんなさい。魔王を倒してくれれば私の力も復活します」 そう聞いた獣太ら一行は、さっそく魔王討伐に乗り出すのだった。魔王軍も泣いて逃げ出す極道一家の異世界ファンタジー冒険譚。ここに開幕!

 

 

著者はイマーム先生。イラストは深井涼介先生。イマーム先生はゲームのシナリオライターとしても活躍されている方です。本作は極道一家が大型トレーラーで事務所にカチコミをしたところ、そのまま異世界へと召喚されてしまう物語のようですね。試し読みでは約25ページ相当が公開されています。口絵が3枚確認できるほか、挿絵も1枚確認できるので、早速チェックチェック!

 

⇒ 試し読みはこちら

 

 

「叶えたい願いがあるなら仰ってください」「ギャルのパンティくれ」

 

主人公は閃極組の≪凶獣≫の異名を持ち、極道界で恐れられている閃極獣太。かつて閃極組に身を寄せていた羽間信彦の手によって組長・閃極源次郎が殺害されてしまうところから物語は始まります。オヤジ(組長)の仇はなにがあろうとも取る。真の極道者として獣太は、組長の一人娘である閃極誾と、閃極三人衆と呼ばれる≪長ドスの銀次≫≪ダイナマイトの竜≫≪鉄壁の巌≫と共に、巨大トレーラーで羽間組の事務所にカチコミを敢行。大地を揺るがす衝撃音とガラスの粉砕音、そして銃撃音が真昼のビジネス街を飲み込むのです。

 

両手に斧と鉈を持ち、ズタズタになった羽間事務所に足を踏み入れる獣太たち。そんな彼らを迎えたのは、眩い光を放つ空間で。羽間組の罠かと警戒した獣太は、突如起こった異常事態から誾を護ろうと行動します。収まる光に様変わりした周囲の光景。獣太たちは巨大トレーラーごと「異世界アステリア」に召喚されてしまうのです。女神と名乗った少女は「魔王の手によって滅びの危機を迎えようとしているこの世界を救ってほしい」と神々しく登場するのですが……。

 

羽間組へのカチコミを邪魔されたことに憤慨する獣太を諌める誾。彼女は自分たちを一度元の世界へと戻してもらい、成すべきことを為した後に力を貸そうと、困っている者を見捨てない侠客の志を見せるのです。そのカリスマはもはや女神をしのぐ勢い。ところがどっこい、女神は力を使い果たしてしまい元の世界に今すぐ戻すことはできないのです。泣いて怯える女神に悪意がないことを知った獣太たちは、さっさと魔王を倒して元の世界に戻ることを決意するのです。

 

試し読みでは魔王を倒すことへの報酬を問われた獣太が「ギャルのパンティ」を要求するところまでが公開されています。また、獣太と誾が物語を引っ張り、閃極三人衆が会話に登場してこない点も特徴的と言えそうです。舞台は異世界ですが、羽間の狂気染みた殺しの手口など、今後何らかの形で関わりが生まれるかもしれないと予想をしつつ、極道が往く魔王討伐物語に注目ですね。

 

 

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

 

カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~ (GA文庫) カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~ (GA文庫)

 

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

 

 

©イマーム/SBクリエイティブ イラスト:深井涼介

 

[関連サイト]

GA文庫公式サイト