MENU

*

[ライトノベル]デッドマンズショウ 心霊科学捜査官(★★★★☆)

   

映画監督・小平千手が撮影する映画『生きている人達』シリーズの出演者が次々にバラバラ死体で発見された。映画にかけられた呪いなのか。陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎(みささぎせいたろう)と捜査零課の刑事・音名井高潔(おとないたかきよ)が捜査に乗り出すが、謎は深まるばかり。無情にも新作の撮影が続行されるなか、次の犠牲者を防ぐために霊捜研の研究員・曳月柩(ひきつきひつぎ)が出したとんでもない提案とは・・・!?
シリーズ2冊目。前回よりも読みごたえのある内容になっていたと思います。今回は霊捜研のムードメーカー・曳月がメイン。明るくはっちゃけた性格とは裏腹に彼女の過去が重くてやるせない。一時はどうなるかと思いましたが、清太郎の活躍で彼女なりに自分の進むべき道を探せたようでひと安心。
事件の真相は救いがなくて後味が悪かったです。キーワードは「キメラ」、宇都宮がやったことは犯罪ではないけど倫理的には問題がある気がする。曳月の言う通りそのせいでたくさんの人の人生が狂わされたのは事実。飯山が可哀相過ぎて…。清太郎も音無井も体はって頑張ってましたね。最後に清太郎と話した人物は続きがあるなら、キーポイントになっていくんだろうなぁ。