MENU

*

Kラノベブックス:『王族に転生したから暴力を使ってでも専制政治を守り抜く!』 『俺だけ入れる隠しダンジョン ~こっそり鍛えて世界最強~』 表紙公開!

   

王族に転生したから暴力を使ってでも専制政治を守り抜く! (Kラノベブックス)俺だけ入れる隠しダンジョン ~こっそり鍛えて世界最強~ (Kラノベブックス)

王族に転生したから暴力を使ってでも専制政治を守り抜く!  作者:井戸正善/ido

「王家に生まれても次男じゃダメじゃん! ……よし、王位を簒奪しよう!」
 傭兵として死んだ後、うまい具合に支配者階級へ転生したまでは良いものの、このままだと王にはなれないと気付いたヴェルナー。
折角の第二の人生、折角の王族だから、やりたい放題生きる。その為には暴力も辞さないし、多少は荒っぽくても専制主義の政治体制が普通な世界だから大丈夫。
 富も女も手にしたいなら、権力奪取が手っ取り早い! プラスティック爆薬を生み出せる変な能力を手に入れて、権力の奪取と維持に邁進するヴェルナーという男の物語。

追記)講談社新レーベル“Kラノベブックス”から書籍化することが決まりました。


小説家になろう


俺だけ入れる隠しダンジョン ~こっそり鍛えて世界最強~  作者:瀬戸メグル

【8月2日 Kラノベブックスより書籍化】

職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。

誰一人として入り方がわからない隠しダンジョン、その入り口を開いてしまったのだ。
中には超稀少な魔物、強くなるための魔道具、世にも珍しいアイテムが大量に隠されている伝説の場所!

「この場所のことは誰にも言わず、僕はこっそり最強になろう」

この世の中は貧乏貴族に世知辛い。
権力も名誉もないのであれば、せめて強さくらいは手に入れたいものだ――


小説家になろう