MENU

*

小説家になろう:『少年はキスで魔法をコピーする。~第十三独立魔女小隊の軌跡』 レッドライジングブックスから書籍化決定!

   


少年はキスで魔法をコピーする。~第十三独立魔女小隊の軌跡  作者:円城寺正市

おかげさまで、書籍化決定いたしました。
レッドライジングブックスより8/18発売予定。
イラストレーターは『さくらねこ先生』です。
女性は何か一系統の魔法を身に着けて生まれてくる魔女の国レーヴル王国。
そこに異常な魔力を宿した赤ん坊が誕生した。ところが生まれて来たのは男の子。
確かに膨大な魔力を宿してはいたが、その子は魔法を発動させるための魔術回路を持っていなかったのだ。
十五年後、レーヴル王国は隣国の侵攻にさらされていた。
そんな中で、少年は女王マルグレテに見いだされ、西の要衝マルゴ要塞に配属される。
第十三小隊――通称『死の十三』やっかいものばかりが集められたその部隊に配属された少年は、訓練中の事故で、偶然にも炎を操る男嫌いの少女エステルとキスをする。
その途端、少年は強大な魔法を発動させた。
これは虐げられてきた少年の成り上がり英雄譚。


小説家になろう