MENU

*

[ライトノベル]ちょっとゲームで学園の覇権とってくる (★★★☆☆)

   

七峰高校―古今東西あらゆるゲームと最新鋭の設備が揃ったこの学園は、ゲームの強さですべてが決する弱肉強食の世界。転入早々、退学を賭けて対戦を挑まれた御剣優刀。相手は個人ランキング1位に君臨する姫宮遊衣…なのだが、優刀は彼女に勝利する。彼の正体は、数々の大会で殿堂入りとなった、伝説のゲーマー。そして―「ユイ、もう1回対戦しようぜ」三度の飯よりゲームが好きなゲーム狂だった!「借りを返すために仕方なくだからね!」優刀は退学のかわりに、遊衣の部屋に泊めてもらったり、一緒に遊ぶことになり!?美少女たちとのゲーム生活&学園成り上がり、PLAY START!!

ゲームの強さで成績が決まる学園が舞台。主人公・優刀のゲームの強さは既にチートレベル。ヒロイン・ユイと一緒に切磋琢磨しながらチームプレイをしていく過程は丁寧に描写されていると思います。その反面不破との対決はせっかくの見せどころなのに淡々とストーリーが進んでいく印象が強かったのが残念。あまりにも不破がえげつないので勧善懲悪の展開が清々しかったです。
優刀の弟のキャラが受け入れられなかった…、こういうブラコンは無理だわ。逆に暴走キャラの晴夏が面白くて好きです。氷雨は服をちゃんと着ようか、女の子の裸を前にして通常運転の優刀もどうかと思いますが。最後の優刀とユイの会話が二人らしいなと思いました。