MENU

*

感想 『トリア・ルーセントが人間になるまで』 まるで児童文学

   

まるで児童文学


悲しかったり嬉しかったり喜怒哀楽はあるけど,それを上手に優しさでラッピングしたようなお話でした.

王様を救うための薬は実は人間の女の子で主人公は彼女を父親のもとに送らなくてはならない王子という胸キュン設定.

ファンタジー要素もこってりさずに控えめで主にヒロインの可愛さと成長,主人公の考えを楽しむタイプ.

キャラクターも少ないので話が理解しやすくきちんと起承転結になってるのでとても読みやすかったです.

続きは出そうと思えば出せる伏線が幾つか登場しますが,この1巻単体でも十分楽しめます.

投稿感想 『トリア・ルーセントが人間になるまで』 まるで児童文学○リココインフォの最初に登場しました。

  関連記事

小説家になろう:TSUTAYA週間/POS文庫500 2017年10月23日 ~ 2017年10月29日

レッドライジングブックス:『なんでも一つだけかなう願いに「回数を無限にして」とお願いした結果』 『勇者召喚されたけど自分だけがハズレ勇者で魔法もスキルもないハードモードだった』 などの表紙公開!

アース・スターノベル:『トカゲ主夫。 -星喰いドラゴンと地球ごはん-』 『なんか、妹の部屋にダンジョンが出来たんですが 1』 などの表紙公開!

ニコニコ生放送『ファンタジア文庫放送局 ファンタジア文庫大感謝祭2017を100倍楽しむ方法の陣』は10月16日(月)放送

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』より外伝コミカライズ『アリサの異世界奮闘記』の連載が決定

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』のコミカライズ連載が本日発売のヤングガンガンNo.19より開始

【日刊試読タイム】『灰かぶりの賢者Ⅰ.アーカイドの剣聖』(オーバーラップ文庫)

【リゼロ】 ペテルギウスだらけのLINEスタンプが発売決定! 素晴らしいデスね!

電撃文庫11月刊行のラインナップをご紹介その2。『BabelII -剣の王と崩れゆく言葉-』『ディエゴの巨神』など7冊

アニメカルチャーバラエティ番組「アニカル部!」にて『とあるシリーズ』の特集放送が10月1日放送決定