MENU

*

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』『魔法適性9999』のコミカライズ連載が本日発売のドラゴンエイジ1月号より同時スタート

   

ファンタジア文庫刊『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』、そしてGAノベル刊『剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?』のコミカライズ連載が、2017年12月9日発売の「ドラゴンエイジ1月号」より同時スタートした。『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は、現在第4巻まで発売されている作品で、素直になれない妹と不器用な兄がラノベで繋がるラブコメディを描く。アニメ化企画も進行中の注目シリーズとなっており、コミカライズの作画は成田コウ氏が担当。第1話「俺と妹がラノベ作家になった理由」が巻頭カラーで掲載された。

 

 

 

 

【原作小説第1巻あらすじ】

美少女で、成績優秀、生徒会長も務める中学三年生の妹――永見涼花。そんな妹が『兄を溺愛する妹の小説』を書いてラノベ大賞を受賞!? ラノベを知らない妹の代わりに兄の俺がデビューする……だと!?

 

 

『剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?』は、現在第4巻まで発売されている作品で、戦士として修練してきた9歳の少女が魔法使いとしても目覚めてしまう才能が豊かすぎる少女の痛快学園ファンタジーを描く。コミカライズの作画はiimAn氏&惟丞氏のコンビが担当しており、第1話が巻中カラーで掲載された。

 

 

 

 

【原作小説第1巻あらすじ】

「でも、私は戦士学科で剣士になりたいんです!」 一流の剣士を目指す少女ローラは、わずか9歳で冒険者学校に合格。「剣士の友達がたくさんできたらいいな」と期待に胸を膨らませる――。そして迎えた入学式の日。彼女は剣の適性値測定で驚異の107点を記録。並みの生徒は50~60なので、ローラは間違いなく剣の天才だ。ところが、ついでに魔法の適性値も測ったところ……なんと『全属性9999』!! 前代未聞の圧倒的数値に学園中が大騒然。魔法学科へ即・転籍決定♪ 剣士になりたい願いとは裏腹に、ローラは超天才魔法使いとしてすくすく急成長。あっという間に魔法学科のどの先生よりも強くなってしまい……才能あふれすぎ9歳児の痛快ファンタジー、ここに登場!

 

 

同時に連載開始となった『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』&『剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?』。コミック版を読んで先の展開が気になった読者は、ぜひ各原作小説も読んでもらいたい。『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は、ファンタジア文庫より第4巻まで、最新5巻も2017年12月20日発売。『剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?』もGAノベルより第4巻まで発売中。

 

 

©恵比須清司/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:ぎん太郎

©年中麦茶太郎/SBクリエイティブ イラスト:りいちゅ

 

[関連サイト]

ファンタジア文庫公式サイト

GAノベル公式サイト

 

 

ドラゴンエイジ 2018年1月号

ドラゴンエイジ編集部(編者)