MENU

*

[ライトノベル]殺人鬼探偵の捏造美学(★★★★☆)

   

殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)

殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)

氷鉋清廉。天才精神科医にして、美学に満ちた殺人鬼・マスカレード。海岸沿いで発見された怪死体にはマスカレードに殺されたような痕跡が。新米刑事の百合は紹介された協力者と捜査を開始するが、その人物はあろうことか氷鉋だった!父親、婚約者、恋人の証言が食い違う謎めいた被害者・麗奈を、当の氷鉋と調べる百合。だが、死んだはずの麗奈の目撃証言まであらわれ…!?
正にタイトルそのまんまの作品。「恋する殺人オーディション」が個人的にイマイチだったので買おうか迷いましたが、これは面白かったです。リアルさは感じれないものの被害者である麗奈のミステリアスさが魅力的でどんどんストーリーに引き込まれていきました。いけないと分かっていてもただ愛した人と添い遂げたかった麗奈、彼女を取り巻くあいつらが異常過ぎて恐かった。
百合には氷鉋から逃げてほしいような、立ち向かってほしいような複雑な気持ち。完全に獲物としてロックオンされてしまったので続きがあるなら二人の関係性にも注目ですね。