MENU

*

サーガフォレスト2017年12月刊行のラインナップをご紹介。『墓守は意外とやることが多い2』の1冊

   

2017年12月15日に発売するサーガフォレスト12月刊行のラインナップ1冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

 

 

墓守は意外とやることが多い2

©Yatogi/HIFUMI SHOBO イラスト:Genyaky

 

アンデッド無双ファンタジー第2巻!

 

【あらすじ】

凶悪なアンデッドが夜な夜な自然発生するローエンベルク国営墓地の墓守アレン。ヴァンパイアの国の公爵令嬢フィアーネとの見回りを除き、これまで毎晩一人でアンデッドの駆除を行っていたアレンだったが、先祖との約束を果たしに来たレミア、魔剣の呪いを解く為にアレンの元を訪れたフィリシアの2人が管理人として加わったおかげで、家を継いで以来初めての休暇をとることが出来るようになっていた。そんなある日、王族主催の夜会が行われる。権力に興味の無いアレンは早々に帰ろうとするのだが、そこではアレンの想像を超えた大きな陰謀が渦巻いていた。

 

アレンはそういうとフィアーネの右腕を掴む。するとアレンに掴まれた箇所から瘴気が抜けていっているのだろう。少しずつフィアーネの瘴気に纏われた褐色の肌が、本来の白皙の肌に変化を始める。

 

ゼリアスは大剣を振り上げアレンに斬りかかった。せめてアレンを道連れにという算段だったのだろう。アレンは慌てること無くゼリアスの振り上げた腕を掴むと同時に心臓の位置に魔力を込めた拳を叩き込む。

 

 

 

紹介ラインナップは2017年12月15日発売です。

 

 

 

[関連サイト]

サーガフォレスト公式サイト