MENU

*

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼

   

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼 (MF文庫J)

《あらすじ》
世界は人類が五種族大戦に敗れた歴史へと「上書き」された。強大な異種族に支配された地上でただ一人、人間が勝利した世界を知る少年カイは、全ての人間から忘れられた存在になりながらも、英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」ことを決意する。運命の少女リンネと共に悪魔の英雄ヴァネッサをうち破り、人類を悪魔族から解放することに成功。さらに霊光の騎士ジャンヌと共に、蛮神族の領土イオ連邦へ。天使やエルフ、ドワーフたちの支配地でカイが見たものは、蛮神族の英雄・主天アルフレイヤの豹変だった。「主天様は…変わってしまわれた。すべてはあの時から…」早くも大ヒット!圧倒的反響を巻き起こすファンタジー超大作、第2弾!

人類が勝利をした真の世界を取り戻し正史を上書きした種族の正体を明らかにするため、人間が勝利した世界を知る主人公のカイは次なる強敵に挑む。物語が進むにつれて世界の真相を解明する重要なピースが徐々に揃い、読者の『続きが気になる!!』『結末が気になる!!』という感情を刺激し、いつも素晴らしい構成でクライマックスに急展開を持ってくるので、なおのことファンの心をわしづかみにしてくる。

まず何と言っても、人類が他種族に比べて個人・集団戦において圧倒的に戦力で劣っている点から限りなく勝算が薄い賭けに挑んでいること。人類の命運を握る主人公のカイと天魔の少女であるリンネを筆頭にした戦力でもってしても、ギリギリの戦いを強いられている状況。
これらの要素をいかに自然な流れで組み込み物語として成立させるかが作者の技量によるものだと思う。結論としては、申し分のないクオリティーであり、人類が現在の戦局から行動の方針をとって死力を尽くした結果新たな勝利をつかみ取るに至った展開をハラハラドキドキしながら楽しめる傑作でした。

これだけの素晴らしい作品を提供してくれる作者を知ってしまったからには『作者買い』しても、作品のクオリティーが担保できそう。
第1巻を読んで、このラノ協力者として推薦した作品でもあったけれど、2巻でも全く勢いが衰えることなく楽しめる作品でしたので、まだ読んでいない人には是非おすすめしたい作品です。