MENU

*

『Re:ゼロから始める異世界生活』がシリーズ累計430万部を突破 最新15巻&短編集3巻も同時発売

   

MF文庫J刊『Re:ゼロから始める異世界生活』がシリーズ累計430万部を突破した。2017年3月発表の310万部から120万部の増となった。本作は死に戻りの力を持つ少年が、大切な人達や仲間、かけがえのない時間を取り戻すため、絶望と過酷な運命に立ち向かう物語を描いた作品だ。2017年の刊行巻では死に戻りがもたらすスバルが死んだ未来と対面するなど、己の力と本当の意味で向き合う姿も描かれ反響を呼んだ。TVシリーズの放送終了後も3ヶ月から4ヶ月をスパンとしたかなり早いペースで新刊を刊行し続けており、ファンにとっては気持ちが冷めやらぬまま作品に触れ続けられる嬉しいシリーズでもある。アニメも新作エピソードの制作も決定しており、今後の作品動向が気になる注目シリーズのひとつとなっている。

 

 

 

 

【あらすじ】

咆哮の轟くロズワール邸で、ついに激突するエルザとガーフィール。頼れる援軍に仇敵を任せ、スバルはようやくベアトリスと、待ち望んだ再会の場面へ到達する。時を同じくして、『試練』に臨むエミリアは自らの『ありうべからざる今』と相対し、本来ならばありえなかった幸福な世界で、魔女の描く祝福に包まれる。魔人と鬼と精霊が、商人と村娘と半獣が、そして恐るべき魔獣が入り乱れるループの中で、バラバラだった仲間たちが今、一丸となって進むべき未来を切り開く――。「――俺の名前はナツキ・スバル。エミリア。――君だけの、騎士だ」大人気Web小説、四章完結の第十五幕。――月下、出鱈目なステップを、君と。

 

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』はラノベニュースオンラインアワードでも選出常連作品となっており、「熱かった部門」と「感動した部門」を中心に選出されることが多い。ライトノベルに限らず、昨今の作品評価ではストーリーとキャラクターの双方で人気を獲得することが長寿コンテンツへの道であると囁かれることも少なくない。先日発表されたラム&レムの生誕祭など、イベントの開催にも余念のない本作が、ライトノベルを代表する作品へと成長していくことにも大きな期待が寄せられている。本作をまだ手に取ったことがない方は、この機会にぜひ手に取ってもらいたい。『Re:ゼロから始める異世界生活』は、MF文庫Jより第15巻まで発売中。短編集も第3巻まで発売中。

 

 

 

©長月達平/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:大塚真一郎

 

[関連サイト]

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式サイト

『Re:ゼロから始める異世界生活』原作特設ページ

MF文庫J公式サイト

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活 14

長月達平(著), 大塚真一郎(イラスト)

Re:ゼロから始める異世界生活 1

長月達平(著), 大塚真一郎(イラスト)