MENU

*

『とある科学の超電磁砲 コールドゲーム』が電撃大王2月号の付録に登場 鎌池和馬氏書き下ろしの130ページ外伝小説

   

2017年12月27日に発売された「電撃大王2018年2月号」にて、電撃大王文庫と題した鎌池和馬氏の書き下ろし小説『とある科学の超電磁砲 コールドゲーム』が付録として登場した。『とある科学の超電磁砲』は電撃文庫刊『とある魔術の禁書目録』の外伝コミックシリーズで、常盤台中学に通う学園都市第3位の超能力者・御坂美琴を主人公とした人気シリーズだ。付録は文庫本仕様となっており、約130ページ相当の大ボリュームで綴られている。さらに『とある魔術の禁書目録』の原作イラストレーターであるはいむらきよたか氏が、本文庫でもイラストを担当した。

 

 

 

 

付録の電撃大王文庫『とある科学の超電磁砲 コールドゲーム』では、警備員(アンチスキル)の詰め所へ社会科見学に来ていた佐天涙子と初春飾利の二人がとある事実に気付くところから始まる。佐天のスマホに収められていた変哲もない写真に写り込んでいた人物が、手配書の犯罪者とおぼしき人物であるということ。写真をきっかけに情報提供者という立場から「コールドスリープ殺人事件」に巻き込まれる佐天、初春、美琴、黒子の4人が、「殺人」の本質へと迫る物語として描かれる。鎌池和馬氏が綴る4人の物語はファン必見だ。

 

 

 

[関連サイト]

『とあるプロジェクト』ポータルサイト

電撃大王公式サイト

 

 

  関連記事

ガガガ文庫刊『されど罪人は竜と踊る』のコミカライズ連載が本日より開始 ギギナとガユスのコンビがコミックでも躍動

f:id:yuki_tomo624:20160904225840j:image:w250

[雑記]漫画版「秒速5センチメートル」を読んで感動した話。「君の名は。」を本当に楽しむことができるようになった話

no image

小説家になろう:『迷える四十路男の建国記 ~常識が邪魔で俺TUEEできない~』 幻冬舎コミックスから書籍化決定!

no image

小説家になろう:『俯棺風景』 『セブンス』 『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』 『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』

【質問】 「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記を読んで」←可能な限り『の』を減らすとしたらどう書くべき?

総合1位は『この素晴らしい世界に祝福を!』が上半期に続いて獲得 BOOK☆WALKER2017年間電子書籍ランキングが発表

MF文庫J刊『アンチスキル・ゲーミフィケーション』特設サイトがオープン 異世界×ゲーム×攻略サイトで綴る異世界ファンタジーの新境地

no image

[ラノベ][面白い]新宿コネクティブ1 (HJ文庫)

【先週の重版:4月30日~5月6日】『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』第1~3巻、『現実主義勇者の王国再建記』第1~2巻など

ラノベ「金色の文字使い」シリーズ累計60万部を突破!