MENU

*

『あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた』感想

   

ストーリー
完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた! そんな涼葉の本音――それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ! お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね!ということでさっそく告白をしたものの……断られちゃった!? MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!

MF文庫文庫Jライトノベル新人賞<審査員特別賞>受賞作品。
表向き超ツンドラ少女のデレデレすぎる内心が丸聞こえに! よっしゃー両思いだーと喜んでいたら告白への返事はまさかのNO!
完全両思いなのにヒロインがポンコツすぎて恋が始まらないじれったすぎるラブコメディ、存分に楽しませてもらいました。


恋の神様の力によって、片思い中の女の子・涼葉の本心を聞けるようになってしまった主人公の愛斗。
顔を合わせれば冴え渡る毒舌に冷たい視線をぶちかましてくる涼葉だけれど、本心では愛斗にベタ惚れだった!
ということでめでたく両思い、ふたりは付き合いはじめて幸せに暮らしました……ならよかったのに、本音を頑なに閉ざし続けてきたせいで、愛斗の告白に対して気持ちとは裏腹にお断りの言葉を突きつけてしまう残念すぎる涼葉さんなのでした。いや、これもうあまのじゃくとかいうレベルじゃないだろ……。


ただただ面倒くさいヒロイン・涼葉なんですが、可愛いか可愛くないかでいうとまあやっぱり可愛い。愛斗がポニテ推しを宣言したら分かりやすくポニテにしてきたりするところ、チョロさが極まっていて好きです。
それに、表のツンドラモードはともかく、一喜一憂がハイテンションに過ぎる本心の涼葉を見ていると、微笑ましい気分になってきます。いやまあ、本心がわかるから可愛いだけなんですけどね。これ本心がわかんなかったら本格的に嫌な女だからね。勘違いしないでよね!
愛斗がどれだけ頑張って買い物にこぎつけても、デートに誘おうと思っても、こちらの考えから遥かぶっとんだ方向に失敗してくれやがるのが涼葉さんというヒロイン。こんなんなら、ギャルながら愛斗となんだかんだでいい感じになりつつある砂城さんの方がいいんじゃないの? と思っちゃうんだけれど、それでも愛斗が好きなのは涼葉なんだから仕方ない。恋ってほんと、理屈じゃないワね。
両思いなのに悠長すぎるまったりニヤニヤ恋愛模様、今後の展開も楽しみにしています。


イラストはうなさかさん。表と裏の氷室さん、どちらもそれぞれの魅力があって良かったです。
でもやっぱり僕は砂城のキャラデザが好きかも。最近ギャルヒロイン熱が高まっているんだ……。


ふと冷静になって考えたけど、神社のお賽銭に5万円つぎ込む時点でだいぶ痛いですねこの子。