MENU

*

『クロス・コネクト あるいた垂水夕凪の入れ替わり完全ゲーム攻略』感想

   

クロス・コネクト あるいは垂水夕凪の入れ替わり完全ゲーム攻略 (MF文庫J)

クロス・コネクト あるいは垂水夕凪の入れ替わり完全ゲーム攻略 (MF文庫J)

ストーリー
陰キャで人間嫌い、だがかつて開催された『伝説の裏ゲーム』を全世界で唯一クリアした少年・垂水夕凪。平凡な高校生になった彼だったが、あるきっかけから「100人の凄腕プレイヤーが『姫』を殺す」新たな裏ゲームに強制的に招待された――『姫』として。しかも本来のゲーム内の『姫』である電脳神姫・春風は、夕凪と身体を入れ替えて現実世界へ。次々とトンデモな出来事を起こし、夕凪の人生を激変させていく。そしてゲーム内の『姫』の死=春風の死だと知った夕凪は、『約束された敗北』を覆すため、一つのミスも許されない究極のゲームクリアに挑む。『入れ替わり』から始まる超本格ゲーム――「俺たちはこれから、このゲームを完膚なきまでに攻略する!」

MF文庫Jライトノベル新人賞<佳作>受賞作品。
VRゲーム内のAIの少女=姫を救うため、彼女の体と入れ替わって攻略不可能なクエストに挑む、知略ゲームアクション。
鬼畜難易度のゲームを、ルールのギリギリを突きながら攻略していく、それ自体ももちろん楽しいのだけれど、何より電子の世界で生まれた少女の命を救うためという熱い目的にグッときました。


強制的に裏ゲームに招待された高校生の夕凪。しかしふと自分を見ると超絶美少女の姿になっていた!
このご時世に美少女との入れ替わりモノですか。しかも入れ替わりの相手は、電子から生まれた人工知能の少女ときたもんだ! いいですねえ。
謎の企業「スフィア」が主催する「裏ゲーム」に挑む見た目は美少女、中身は人間不信の男子高校生、って絵面がもうズルいね。性癖が爆発していて、非常によろしいと思います。
変な美少女プレイヤーが出会った瞬間からベタベタしてきて、触られたり揉まれたりしちゃって、でもこっちの中身は男なんだー! っていうのも、あまりにベタすぎて最高。


入れ替わりということは、当然夕凪の体にはAIの少女が入っちゃっているわけで。
電子の世界で生まれたために、初めて見る「外」の世界に驚いたり怖がったり、だんだん楽しさを見出したりしていく彼女・春風の姿がとても微笑ましく、胸がほっこりしてきます。
直接顔を合わせるのは不可能だから、という理由でノートでの交換日記をするわけですけど、今時交換日記とか! ドキドキしちゃうでしょ! はー、好き。
どんどん春風に愛着が湧いていくにつれ、彼女をこんな窮地に陥れた「スフィア」にむかっ腹が立ってくるし、彼女を救うために頑張りたくなってくるのも当然というものです。
肝心のゲームですが、まあ正直言ってちょっと雑かなーというか、最強の天才が作ったにしてはショボいかな、という印象でした。わりとやりたい放題できた感じだし。個人的には、もう少し緻密に設計されたゲームを誰も思いつかないような方法でひっくり返す、夕凪の天才っぷりが見たかったような気がします。
しかしそこを差し引いても、終盤の熱さは確かなもの。女の子のために戦う男の子ってのは、やっぱりいいもんです。お姫様を華麗に助け出してこその王子様ってもんよ。随分ひねくれ屋の王子様だけどね。
どうやら続刊もあるようで、夕凪と春風のこれからに期待ですね。


イラストはkonomi(きのこのみ)さん。カラーもモノクロも可愛さに溢れていて良かったです。
2枚ほどある見開きイラストが特に印象的で素晴らしい。


春風視点のお話も読んでみたいな。