MENU

*

「86 ―エイティシックス― ラン・スルー・ザ・バトルフロント」

   

86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
共和国の指揮官・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち“エイティシックス”の面々は保護され、一時の平穏を得る。だが―彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、シンの“能力”によって予見された“レギオン”の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。彼らはなぜ戦うのか。そして迫りくる“レギオン”の脅威を退ける術とは―?第23回電撃小説大賞“大賞”受賞作第2弾!シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く“ギアーデ連邦編”前編!“死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
敵“レギオン”の電磁加速砲による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を“槍の穂先”として、電磁加速砲搭載型“レギオン”の懐に―敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。待望のEp.3“ギアーデ連邦編”後編。なぜ戦う、“死神”は。何のために。誰のために。

あけましておめでとございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本年一発目の感想記事になります。と、言っても新年明けて随分経ちますが。例年は新年初はイラストレーター系の記事を書いていたのだけど、どうも需要の問題で今年は書きませんでした。モチベーションって大切ですよね。(ブクマ数を見ながら)

さて感想です。
本作は上下巻であったため、まとめて書きます。内容としては1巻終盤でババっと描かれていた流れを上下巻構成で丁寧に描き直しています。単巻作品だと思っていたので、続きが出ることに驚いた記憶が。内容を見るに「なるほど」と思い、これなら続きも書けそうだと。構想も結構あるとのこと(?)なので、どんどん出して貰いたい。むしろ次からが本番のような。

戦闘が濃厚だなあ。今回読むにあたって1巻読み直したのだけど、上手いんですよねえ。