MENU

*

『編集長殺し』感想

   

編集長殺し (ガガガ文庫)

編集長殺し (ガガガ文庫)

ストーリー
私、川田桃香。ギギギ文庫一年目の新人編集者です! カバーデザインに悩む今日この頃、編集長にデザイン案を見せにいったのですが……「なにこのヤ●チャみたいな戦闘力のカバーは。干されたいの?」……ボロクソですっ! 編集長は、見た目はたいへん可愛らしい幼女なのですが、中身は骨の髄まで真っ黒なドSロリなのです。こんなときは頼りになる先輩たちに相談するしかありません。「とりあえず、あんたがモデルになりなよ」「体操服がいいと思うんよ」――って、なんでですかっ!? 女子だらけのお仕事がんばりラノベ、ここに校了です!

美幼女と美女の編集者ばかりが集うごくごく一般的なライトノベル編集部の日常ギャグコメディ!
ドSな編集長こわい。逆らえないこわい。他の編集者たちやラノベ作家も変人揃いでこわい。でもこれってリアルでノンフィクションな現場の描写なんですよね、ボクしってるもん! ラノベの作り手には美少女しかいないんだ!
ギャグに振りつつも、新人編集者のお仕事を本当のリアルを交えて描いている部分もあって、興味深く読めました。


主人公は新人編集者(美人)。そして編集長は鬼のように恐ろしく理不尽でドSな美幼女
ラノベ編集者が主人公の作品はいくつか思い浮かびますが、ここまで編集部だけに注目した作品はもしかしたらなかったかもしれませんね。
作家との作品の相談はもちろん、カバーデザイン決め、新人作家との面接、そして文庫に入っている折り込みの編集作業! なるほどそういうお仕事もあるわけね……ごめんね、今度からちゃんと折り込みチラシも読むよ……。


しかし我らがギギギ文庫編集部のお仕事の中で最大にして最多たるものは鬼の編集長に怒られること! そして編集長のいないところで愚痴をこぼすことだ! なんて編集部なんだ……。
実際の編集長がどれだけの権限を持っているのかは知りませんが、ギギギ文庫編集長はまさに神のごとき存在。彼女の発言は神のお達し。
でもそんな編集長にやられつつ、なんだかんだで毎日楽しそうではある変人編集者のみなさんなのでした。いい仕事場なんじゃない? これを読んで編集者になろうとは思わないけれども……。だってほら、声優さんのライブ行きたいじゃん……。
タイトルのわりに謎の館に閉じ込められもしなかったし密室も名探偵も登場しなかったんですが、次巻以降ではそういうのも出てくるの? 期待しちゃうよ?


イラストはクロさん。表紙がアングルといい表情といい魅惑的でいいですね。とても編集者には見えないけど主に服装のせいだな?
見た目的にはやっぱり編集長が好きなのでもっと大暴れしてもらいたい!


JKコスの美人編集者のちょいエロ画像をもらうためにちょっとイラストの練習してきます(妄想と現実がごっちゃになっている)。