MENU

*

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI』

   

アニメのDVD・BDが順次発売している、宇野朴人 先生が贈るファンタジー戦記。第11巻は
“イクタ”の妹弟子“ヴァッキェ”が“シャミーユ”の心情を事あるごとにかき乱します。
(イラスト/竜徹 先生 キャラクター原案/さんば挿 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892471-9/


暗君、暴君して振舞う“シャミーユ”に物怖じすることなく、馴れ馴れしい態度を見せる
“ヴァッキェ”に憤る女帝が次第に彼女らしさを取り戻させていく変化が実に微笑ましい。
そして“イクタ”に可愛がられる様子がたまりません。早く懐柔されてほしいものですが。

国内情勢を見れば貧民層が集団生活を送り無視できない規模にまで拡大する状況。これを
どう裁くかについても“ヴァッキェ”が切り込みます“イクタ”や“トリスナイ”それに
“シャミーユ”すらも驚かせる方法で。これは帝国にとってもいい流れになりそうな予感。

“ハロ”と“パトレンシーナ”の関係の変化が命を懸けたものと知り確実に胸を打ちます。
好転の兆しを見せるの中にあっても“シャミーユ”の胸に巣食う呪いのような信条は未だ
払拭できず、更に悩ましい状況に置かれる“イクタ”に勝ち目はあるのか次巻も注目です。