MENU

*

『戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉6』

   

SOW 先生が贈る街角パン屋繁盛記。第6巻はとあるお願いを胸に聖誕祭へ臨む“ルート”、
士官学校へ再編入された“ヒルダ”、謎の一端を垣間見せる“ダイアン”の話を綴ります。
(イラスト/ザザ 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/699.html


ザザ 先生の告知漫画が指し示す、「聖女が現れたオーガンベルツ」に何が起こったのか。
切り取ったコマの一つ一つは嘘偽りないので相変わらず見せ方が上手いな、と思いつつ
街の人との関わり方が見えて良い挿話でした。波乱を予感させる引きも見せてきましたが。

https://twitter.com/zaza_xcan01/status/814473120618717184


通称「お嬢様予備校」で軍隊教育をやり直しさせられた“ヒルダ”。後指をさされる彼女
ですが友達も出来て何とか平穏な学校生活を送れるか・・・と思いきや見逃せない陰謀に対応
せざるを得なくなったり、更にはファーストキスも奪われて、と苦労が絶えないようです。

そして幕間などで細切れに見えてくる場面が最後になって結びついていく「魔導師の追憶」。
“ソフィア”も振り回される役回りが増えてきたと思いつつ天才にもそれなりの理由と背景
があると分かります。口絵の絶妙な仕掛けは読了後に確認を。こちらの引きも気になります。