MENU

*

折れた聖剣と帝冠の剣姫 4

   

折れた聖剣と帝冠の剣姫: 4 (一迅社文庫)

《あらすじ》
パルミアの第一王女アルトとの同盟は決裂し、再び独力で国作りを進めることになったルシードとファル。近隣諸国からの移民受け入れを増やし、徐々に勢力を増しつつあるアスティリアに懸念をいだいたルシードの祖国カーヴェルは、いまならば一戦交えればルシードらを滅ぼすことができると判断し、急な派兵を決定した。アスティリアに迫るカーヴェル王国の軍勢。その先頭にはルシードのかつての忠臣ライサンダー将軍の姿が。ルシードたちは経験豊富なライサンダー率いる軍勢を相手に己の国を守り抜けるのか!?

ルシードとファルが国作りを進める一方、近隣諸国からの勢力に対抗しうる人材も乏しく国としての勢力も小さいなかで、着々と力を蓄えていく光景とルシードたちの人望が各国にいる忠臣たちがそれぞれの意志のもとにアスティリアに集結していく展開が勧善懲悪の一面もあって清々しい気分になる。ルシードが国を追われるに至った経緯やその全容が克明に明かされていることや因縁となる相手の抱える多大な勢力、そして大国を敵に吹けば飛ぶような状況に立たされているアスティリアの苦境。それら全てを鑑みて、ルシードたちの物語が紡がれているのだと思うと、この壮大なスケールで描かれる作品が今後どのような結末をたどっていくのかが気になってきてしかたがない。
戦記ファンタジー作品のなかでも、旅先で訪れる街や村の人間の生活や風習までが細かく練りこまれているので、その独創的な世界に浸ることができて個人的には凄く好きなタイプの作品です。
あとがきによると一迅社文庫版はこれで一区切り。次巻は夏に予定しているとのことですが、是非とも順調に発売までこぎつけてほしいです。